青汁って、どれを選べば良いの?

青汁

青汁を選ぶとき、数多くある青汁の中からひとつを選ぶことはとても難しいかもしれません。

青汁を選ぶときは原料や飲みやすさ、お値段などがポイントになりますが、栄養重視・健康志向の方には「ケール」を主原料とした青汁をオススメしたいと思います。

青汁の原料としては「ケール」や「大麦若葉」「桑の葉」など様々なものがありますが、ケールは「スーパー野菜」とも呼ばれ、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養がたっぷり含まれていますし、そのほかの栄養成分もバランスよく含まれています。

特に緑黄色野菜の中でも、ビタミンの含有量はずば抜けて豊富ですから、健康、美容のために青汁を飲みたい人におススメです。

ですが、ケールは、青汁独特の苦味が強く、「まずい」というデメリットがあります。

健康に良いとは言っても、美味しくないものを毎日飲み続けるのは大変なことです。
ですから、ケールの青汁の中でも、比較的飲みやすく、美味しい青汁を選びたいものです。

キューサイのはちみつ青汁は、飲みやすく、美味しい青汁の一つです。

主原料はケールですが、ケールが持つ独特の苦味は、山田養蜂場のはちみつをブレンドすることにより、見事にクリアされ、とても飲みやすく仕上がっています。

はちみつのほんのりとした甘味と、マイルドな口当たりが評判となり、大人気青汁の一つとなっていますし、ケールの青汁で、栄養も満点!とてもおススメです。

健康重視の方は、ケールが主原料となっている
「キューサイのはちみつ青汁」を検討してみてください。

飲みやすい青汁も栄養素たっぷり

青汁のイメージは「まずい!」というイメージです。

ですが、最近の青汁は「美味しい!」と評判です。
飲みやすく美味しい青汁って、なんだか栄養素が低いのでは?と気になったりしませんか?

ですが、大丈夫。飲みやすく美味しい青汁も栄養素はたっぷりです。

青汁を販売しているメーカーでは、少しでも美味しく飲みやすい青汁を提供しようと企業努力を重ねています。結果、美味しく、栄養素の高い青汁が販売されているのです。

青汁の原料となっているものは、一昔前のまずい青汁と変わりません。

大麦若葉や緑茶を原料とした青汁もありますが、「まずい!もういっぱい!」というCMで有名なケールの青汁も現在も存在します。

ですが、ケールの青汁も、最近の青汁は蜂蜜を加えるなど工夫され、
随分美味しく仕上がっています。

青汁の原料となっているケール、大麦若葉、明日葉、桑の葉など、どれも豊富な栄養素を含んでいますが、初めて青汁にチャレンジする方にはケールよりも大麦若葉がお勧めです。大麦若葉の青汁であれば、大麦若葉そのものの味が飲みやすいため、さらに美味しく、マイルドな口当たりで飲むことができるからです。

ケールも駄目、大麦若葉もやっぱり駄目・・・と言う方には、「緑茶」の青汁もありますから、緑茶を主原料とした青汁を飲んでみてください。

抹茶のような味わいですから、何の苦もなく、普通に飲むことができるでしょう。

さて、青汁の原料となる植物のうち、どの植物が、最も栄養価が高いのか?と言うことも気になります。

味よりも、健康を重視したい人にとっては、美味しさよりも栄養価が気になることでしょう。

ですが、この栄養価の高さと言うのは、単純に比較できるものではなく、一概にどの青汁が最も栄養価が高いと言い切ることができません。

なぜなら、原料となる植物によって、摂る事ができる栄養素が異なるからです。

例えば、ケールは、ビタミンAやビタミンC、ミネラルや食物繊維が豊富ですし、大麦若葉であれば、ビタミン、ミネラル、酵素が豊富です。

特別に、自分が摂りたい栄養素が、例えば「ビタミンA」と決まっているのであれば、その成分が最も含まれている青汁を選んで飲むことも良いですが、そうでなければ、「味」と「価格」を重視して、毎日飲み続けることができるものを選んだほうが良いでしょう。

どの青汁もバランスよく栄養素が含まれていますから、特にコレでなければ栄養素が偏ると言うものではありませんし、この青汁は栄養価が低い!と言うものもありません。

毎日の野菜不足を補うものとして、どの青汁も十分な栄養素を持っています。